沿革

1967年 4月創業 東京都中央区築地にて永興物産商会を創立し、各種炭素製品の販売を開始
1969年 5月設立 社名をユニオンカーボン株式会社と改め、資本金100万円で東京都千代田区神田佐久間町にて営業開始
1975年12月日本カーボン株式会社の代理店となる
1978年12月本社を東京都千代田区神田練塀町1番地に移転
1980年 4月昭和電工株式会社電極事業部(現カーボン事業部)の代理店となる
1980年12月関連会社 ユニオンアトラス株式会社を設立
1982年 4月第5回目の増資により、資本金を3000万円とする
東北協和カーボン株式会社(現新日本テクノカーボン株式会社)の代理店となる
1983年 9月有限会社山梨金属工業所を専属協力工場とし、加炭材の自社ブランド品を立ち上げる
1996年11月東海カーボン株式会社の代理店となる
1997年 5月本社を東京都千代田区神田松永町23番地に移転
1999年12月昭和キャボット株式会社(現キャボットジャパン株式会社)の代理店となる
2000年 3月遠藤商店を専属協力工場とし、各種加工工場として立ち上げる
2003年 2月本社を東京都千代田区神田岩本町2番地に移転
2004年12月株式会社エスイーシー(現SECカーボン株式会社)の代理店となる
2006年12月株式会社GCプロジェクトを専属協力工場とし、自社ブランド品を立ち上げる
2008年 9月愛知県春日井市に専属倉庫を借り上げる
2009年 2月本社を東京都千代田区神田須田町2番地に移転